目の日焼け??

こんにちは、看護師のKです。

これからの季節、強い日差しの日は特に、紫外線による日焼けが気になりますよね。

日焼けと言うと、肌の日焼けを思い浮かべる方が多いと思いますが、目も紫外線によってダメージを受けます。そのことを「目の日焼け」と表現することがあります。

☆主な症状☆

紫外線を浴びて角膜にダメージを受けると、強い目の痛みや充血などの症状が出ます。これらは、紫外線を浴びた直後ではなく、数時間後に起こるとされていて、通称「雪目」と呼ばれています。

他にも、目がしょぼしょぼして見えづらい、涙が止まらない、痒いなどの症状があります。

☆紫外線によって起こる目の病気☆

【急性疾患】

・結膜充血:白目の充血

・紫外線角膜炎:紫外線を浴びた日の夜に強い痛みが出ます。

【慢性疾患】

・白内障◆

・黄斑変性症◆

・瞼裂班◆

・翼状片

◆は、加齢が主な原因とされている疾患ですが、根本的な原因が解明されておらず、紫外線も数ある原因の1つとされています。

☆対処方法☆

①目を休ませる:目が炎症をおこした時は、まずは目をゆっくり休ませてあげましょう。しばらくは目を閉じて、コンタクトレンズを装用している方は外しましょう。冷たいタオルを目の上にのせて冷やすのも効果的です。

②眼科を受診する:目を休ませても症状が治まらない場合は、早めに受診し、適切な処置を受けることが望ましいです。

③紫外線対策をする:日傘や帽子で日焼け対策をしましょう。さらに、UVカット加工の施されたサングラスを使用しましょう。

※4~9月は、1年の中でも最も紫外線量が多い時期ですので注意しましょう。また、上記の症状でお困りの方は、お気軽に当院へご相談下さい。

関連記事

  1. Web勉強会がありました!

  2. いよいよ電子カルテを稼働します!

  3. 視能訓練士の症例報告

  4. 新型コロナウイルス感染防止対策②

  5. 学校検診について

  6. 院長の気まぐれブログはこちらから

PAGE TOP