定期検査のすすめ

梅雨があけて暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

視能訓練士の佐藤です。

さて、体の健康診断は受けられる方も多いと思いますが、目の健診はされていますか?

人間ドックでも眼底検査はありますが、小さな瞳孔から観察する眼底写真だけでは

異常がわかりにくい場合があります。

現在、中高年の失明原因の1位は緑内障、2位は糖尿病網膜症で、網膜色素変性症、

最近増えている加齢黄斑変性症がそれに続きます。(日本眼科医会より)

いまだに治療法が確立されていない網膜色素変性症以外は、早期発見・早期治療で

進行を遅らせ、失明を防ぐことができるようになってきました。

はじめにお伝えした疾患はどれもが初期は自覚症状がなく、自分で気づくことが

難しいです。

当院では眼の中の広い範囲を撮影可能な超広角走査型レーザー検眼鏡・オプトス、網膜や視神経の微細な変化を

とらえることが可能な眼底三次元画像解析・OCTという検査機器があります。

コロナ渦で病院受診を控えられる方もいらっしゃいますが、お車で待つことも可能となっております。

気になる方はスタッフに気軽にお声かけください。

 

関連記事

  1. コロナ対策

  2. 視能訓練士の症例報告

  3. 目の日焼け??

  4. 超高齢社会の緑内障治療を考える

  5. 新しい眼内レンズの勉強会がありました

  6. 院長の気まぐれブログはこちらから

PAGE TOP