サンコンタクトレンズさんの勉強会がありました

こんにちは。看護師のYです。

先日サンコンタクトレンズさんより円錐角膜へのハードコンタクトレンズ処方についての勉強会がありました。

円錐角膜とは角膜(黒目の表面の透明な膜)が薄くなり、徐々に前方へ円錐状に突出してくる病気です。

原因はいまだにわかってはいませんが、一般的に10代前半に発症し30~40代に進行停止すると言われています。

国内では男性に多く300人~400人に1人の頻度で発症し、多くの場合は両眼性ですが片目が全くの正常の場合もあります。

円錐角膜の治療の一つにハードコンタクトを装用する方法があります。

進行程度により通常の一般的に使われているハードコンタクトと円錐角膜用のハードコンタクトを使い分けることで、より視力が矯正でき見えやすくなるとのことでした。

当院では、角膜形状解析装置があり、これにより屈折度数(近視・遠視・乱視)形状がわかり進行程度や状態の確認することができます。

また、通常のハードコンタクトと円錐角膜用のハードコンタクトの取り扱いもあるため処方可能です。

若いのに視力が出にくい、メガネが合わなくなるのが早い、乱視が強いなど心配な事があればお気軽に当院へお問い合わせください

関連記事

  1. 女性の健康のために

  2. お子様の視力検査

  3. サンコンタクトレンズさんの勉強会がありました。

  4. 視能訓練士の症例報告

  5. Web勉強会がありました!

  6. スマホ老眼について

PAGE TOP