飛蚊症(ひぶんしょう)って?

こんにちは、受付のUです。

最近、私の目の前に小さな黒い虫が飛びます。

以前よりあきらかにたくさん飛んでいるので、

すぐに、やまぐち先生にみてもらいました。

(加齢による)生理的飛蚊症でした。

 

明るい所や白い壁、青空などを見た時に、目の前に虫や糸くずの様な

浮遊物が見え、視線を動かしても一緒に移動してくるように感じる症状を

「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼びます。

浮遊物の数や形、大きさは様々で、まばたきをしても目をこすっても

消えませんが、暗い所では気にならなくなります。

 

眼球の中の大部分は、硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状の透明な

物質がつまっています。

外から入った光は硝子体を通り網膜まで届くことで物を見ることができます。

硝子体に濁りがあると、濁った部分が影となって網膜に映り虫や糸くずなどの

浮遊物が飛んでいるように見えます。

 

飛蚊症には、生理的飛蚊症と病的飛蚊症があります。

 

生理的飛蚊症 加齢によるもの、生まれつきによるもの

特に治療の必要なし、経過観察

病的飛蚊症  網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ブドウ膜炎などは

早急に治療が必要

症状としては

・視界の中の黒い点の量や範囲が急に増えた

・視野の一部が欠ける

・急に視力が低下した

・暗い場所で稲妻のような光が見える

飛蚊症を自覚した際には早めに、生理的なものなのか、病気なのか

詳しい検査を受けましょう。

関連記事

  1. 超高齢社会の緑内障治療を考える

  2. 視能訓練士の症例報告

  3. そろそろ花粉シーズンですね。

  4. ドライアイについて

  5. コロナ対策

  6. いよいよ電子カルテを稼働します!

PAGE TOP