白内障は若い人もなるって本当?

こんにちは。視能訓練士のKです。

花粉症の方には試練の季節がやってまいりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今回は外傷性白内障についてお話させていただきます。

まず、白内障には様々な要因があります。まとめておきます。

加齢性白内障・・・白内障の中でも最も多いと言われています。

70歳以上では5人に4人以上の方に白内障が認められます。

併発白内障・・・ぶどう膜炎や網膜剥離などほかの眼疾患に伴って発症します。

全身疾患に伴う白内障・・・アトピー性皮膚炎や糖尿病により引き起こされます。

薬物性白内障・・・ステロイド長期投与(全身投与)により引き起こされます。

先天白内障・・・母子感染(風疹、トキソプラズマ)、ダウン症候群など数々の先天的原因により、出生~乳幼児期に発生します。

外傷性白内障とは、外傷が原因で生じる水晶体の混濁です。原因としては、裂孔性外傷と鈍的外傷が挙げられます。

裂孔性外傷・・・鋭利なナイフやガラスなどが水晶体に直接的に当たり、障害を起こす外傷

鈍的外傷・・・ボールや手などが眼の周りに当たる眼打撲による外傷

自覚症状としては加齢性白内障と同様に視力低下、かすみ、眩しさ(羞明)などです。裂孔性外傷は受傷後、急激に症状が出ることが多いです。しかし、鈍的外傷の場合は徐々に発症することが多いと言われています。数年経過してから症状が出る場合もあり、注意が必要です。また、放置した場合、水晶体が膨張して緑内障発作を起こす可能性もあるため注意が必要です。

治療としては、基本加齢性白内障と同様に水晶体の混濁を取り除き、眼内レンズ(人工の水晶体)に代替えする手術を行います。しかし、損傷部位によっては手術の仕方や難易度が大きく変わる場合があります。

白内障は高齢者の方がなる疾患だと思う方多くいらっしゃると思いますが、白内障は年齢に関係なく発症する疾患で、様々な要因でなるということを知っていただきたいです。症状が出たら、そのまま放置せず必ず受診をしてください。

関連記事

  1. 秋の日差し対策はいらない?

  2. 緑内障に対するレーザー治療(SLT)

  3. 超高齢社会の緑内障治療を考える

  4. 弱視って何?

  5. 眼鏡デビューしましょう!

  6. 間欠性外斜視について

PAGE TOP