結膜下出血について

こんにちは、看護師のTです。

みなさん、気づいたら眼が突然赤くなってビックリしたことがありますか。それは「結膜下出血」の可能性があります。眼が赤く何かの病気ではないかと心配する方も多いと思いますので、今回は「結膜下出血」についてお伝えします。

◎結膜下出血とは

結膜とは、白目の表面を覆っている結膜の事をいい、大小の血管が多くあります。結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分が赤く染まります。少し眼がゴロゴロと異物感がある場合もあります。痛みは出血が起こるときにチクッとした痛みを感じることがありますが、ほとんどありません。出血は1~2週間ほどで自然に吸収されることが多いですが、強いものでは2~3か月ほどかかる場合もあります。しかし、自然に吸収されるのでほとんどの場合心配ありません。視力低下や人に移してしまうこともありません。原因は様々で、くしゃみ・咳・過飲酒・月経・水中眼鏡の締めすぎなどでも出血します。

◎気を付けたい結膜下出血

・眼に外傷を受けた場合

・痛みや痒み、メヤニを伴う場合

・頻繁に繰り返す場合

繰り返し出血がおこる場合は、全身的な疾患(糖尿病・高血圧・貧血・白血球・紫斑病など)も疑われますので、内科を受診してください。

結膜下出血は原因がはっきりしないこともありますが、目薬や手術などの処置はありません。しかし、眼がゴロゴロする・眼が痛いなどの不快感が強い場合は、目薬を使います。

時間が経てば自然に引いていくものですが、心配な場合は一度先生に診てもらいましょう。

関連記事

  1. 定期検査のすすめ

  2. 超高齢社会の緑内障治療を考える

  3. サンコンタクトレンズさんの勉強会がありました。

  4. 老眼はだれにでもくる⁈

  5. いよいよ電子カルテを稼働します!

  6. コロナ対策

PAGE TOP