翼状片って何?

日々、秋の気配を感じるようになりました。

夏の疲れは出ていませんか?

受付のFです。

今回は、紫外線が原因と言われている『翼状片』についてのお話です。

翼状片とは、結膜の下にある細胞が異常に増殖し、目頭の方から黒目(角膜)にかけて三角形状(翼のような形)に増殖細胞が入り込んでくる病気です。

コブが出来たように腫れますが、悪性ではありません。

痛みは感じませんが、症状が進んでくるとゴロゴロしてきたり、角膜が歪むことで乱視を引き起こしたりします。

更に進行すると、裸眼視力だけでなく、矯正視力も低下してしまいます。

再発する可能性もありますが、手術をすれば、ゴロゴロとした違和感もなくなり、視力の回復も望めます。

手術後は一定期間ですが、痛みや異物感があります。

また、術後半年ほどは点眼薬にて治療が必要です。

当院でも、日帰りで翼状片手術を行っています。

症状の進行具合にもよりますが、手術は45~60分ほどで終わります。

術後は眼帯を着けるので、手術当日は車の運転が出来ません。

気になる方はまずは診察を受けましょう。

紫外線は、夏だけではなく、曇りの日など年中対策が必要です。

お肌に日焼け止めを塗るように、眼も帽子やサングラスなどを活用して、紫外線から守ることが大切です。

毎日鏡を見るときなど、セルフチェックをしましょう!

関連記事

  1. 勉強会がありました!

  2. 新型コロナウイルス感染防止対策②

  3. 多焦点眼内レンズの種類や特徴についての勉強会がありました。

  4. 目の日焼け??

  5. 電子カルテ導入から早1年!

  6. アレルギーケアにおける新しい選択肢!

PAGE TOP