瞼裂斑について

こんにちは。看護師のYです。毎日暑い日が続きますね。こまめな水分補給をし熱中症にならないように気を付けましょうね。

外来では白目の横に黄色っぽい膨らみができているんですが心配ないですか?と来院される方が多いのですがこれは「瞼裂斑」と言われるものです。

瞼裂斑とは白目の上にできる黄色い斑状や隆起のことで白目の耳側や鼻側に多く見られます。これは正常な組織にタンパク質や脂肪の沈着で変化したもので悪いものではありませんし、翼状片のように黒目にのびてくることはありません。

原因として考えられるものとしては①加齢   ②光刺激(紫外線) ③物理的刺激(コンタクトレンズ)などです。

瞼裂斑自体は治療の必要もなく心配しなくても良いものです。しかし、紫外線など外部から刺激を慢性的に受け腫れてしまい周囲が扇形に充血してしまった状態を「瞼裂斑炎」といいます。自覚症状としては充血・コロコロ感・痛みがあります。このような状態になると治療の対象になり、炎症・腫れを抑える為抗アレルギーやステロイドの点眼薬を使用します。

類似した疾患として、翼状片・結膜炎・アレルギー性結膜炎などです。

目の症状で気になる事があれば受診し医師に相談してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. アデノウイルスについて

  2. スマホ老眼について

  3. 新しく2種類のコンタクトレンズが発表されました。

  4. 来年もよろしくお願いします。

  5. ムコスタ点眼液に後発品がでました。

  6. 閃輝暗点(せんきあんてん)とは?

PAGE TOP