花粉症点眼薬

コロナウィルスの影響でエントリーしていたマラソン大会が中止になり最近運動不足ですが、みなさんはいかがおすごしでしょうか?事務長の山口です。

春先、眼科では花粉症の患者さんが多くこられます。目のかゆみは本当につらいですよね。
アレルギー点眼薬は作用別に以下の3種類があります。

  1. 抗ヒスタミン作用点眼薬:かゆみなどの症状に即効性があります。
  2. ケミカルメディエーター遊離抑制作用点眼薬:アレルギー症状が出現しないように予防的な作用があります。
  3. 両方の作用がある点眼薬:かゆみなどの症状緩和作用と予防作用を同時に行います。

点眼薬の上手な使い方は、発症中はかゆみの有無にかかわらず、用法用量を守り継続的に点眼することです。これをプロアクティブ点眼といいます。痒いときに点眼しても症状を和らげることはできますがまた痒くなります。プロアクティブ点眼をすれば継続してかゆみの程度をおさえることができるかもしれません。
我慢できないかゆみが続く場合はプロアクティブ点眼をおすすめします。

関連記事

  1. コロナ対策

  2. 院長の気まぐれブログはこちらから

  3. 学校検診

  4. 新型コロナウイルス感染防止対策②

  5. お子様の視力検査

PAGE TOP